アリエカ人たちの変容

アヴィスは「物語の語り手」としては理想的な存在です。かつてその星で育ち、それから「アウト」に出て行き、それから戻ってきて「浮浪(はぐれ)」としてエンバシータウンで過ごしています。つまり「土着の視点」と「よそ者の視点」とを併せ持ち、さらに物語の中で自由に動ける立場なのです。ただし最後には“傍観者”を立場を捨てて自ら動き出すことになるのですが。
 エズ/ラーの片割れが死に、禁断症状に苦しむ都市は崩壊寸前となりますが、「神の麻薬」エズ/カルが降臨します。それに対して「麻薬」と「ゲンゴ」までもを拒否するアリエカ人の大軍が「都市」を襲撃します。彼らが使うことばは「あれ」と「あれではない」の二つだけ。それに対してアヴィスは直喩をやめて隠喩になりたいと望みます。そして、嘘と真実で固められた和平交渉。アリエカ人たちの変容。あまりに大きなゲンゴと文化と文明の変容。

  • 勝浦郡勝浦町 バイク屋
  • 勝浦郡上勝町 バイク屋
  • 名東郡佐那河内村 バイク屋
  • 名西郡石井町 バイク屋
  • 名西郡神山町 バイク屋
  • 那賀郡那賀町 バイク屋
  • 海部郡牟岐町 バイク屋
  • 海部郡美波町 バイク屋
  • 海部郡海陽町 バイク屋
  • 板野郡松茂町 バイク屋
  • 板野郡北島町 バイク屋
  • 板野郡藍住町 バイク屋
  • 板野郡板野町 バイク屋
  • 板野郡上板町 バイク屋
  • 美馬郡つるぎ町 バイク屋
  • 三好郡東みよし町 バイク屋
  • Leave a Reply