フランスの工業と農業発展

研究資金の問題もあります。皇帝ナポレオン3世はフランスの工業と農業発展に大きな関心を持っていました。パスツールはフランス政府からのカイコの伝染病調査を「カイコなんて触ったこともないのに」と言いながらも引き受けますが、それは愛国心と資金と新しいものへの挑戦のすべてが満足できるプロジェクトでした。19世紀半ば、フランスは全世界の絹の10%を生産していましたが、1865年にカイコの伝染病のため生産量は6分の1に減少します。世界で唯一健康なカイコがいる日本から卵を買って育ててもカイコはばたばた死んでいきました。パスツールは5年間研究を行います。顕微鏡で蛾の体内に「微粒子」が見つかった場合、それが産んだ卵も感染してしぬことがわかりますが、微粒子が見つからないのに死んでいくカイコもいました。結局「微粒子病」と「軟化病」の二つの病気が存在することをパスツールは確定します。微粒子病は「顕微鏡で見たらわかる」ので、病気の虫を丹念に取り除くことで撲滅が可能でした。しかし軟化病は見てもわからないし、環境因子が重要そうでした。しかしそれは産業のやり方を変えることを意味し、業者のすべてがそれを喜んだわけではありませんでした。そして45歳のとき、パスツールは脳卒中の発作で倒れ、左片麻痺となります。さらに、論争だけではなくて戦争(普仏戦争)がパスツールを襲います。パリから避難していてもパスツールは研究を続けます。ただ、愛国心はますます高まり、パリから避難中に行ったビール醸造研究に関する本のドイツ語翻訳は頑なに断り続けます。

  • 上伊那郡中川村 バイク屋
  • 上伊那郡宮田村 バイク屋
  • 下伊那郡松川町 バイク屋
  • 下伊那郡高森町 バイク屋
  • 下伊那郡阿南町 バイク屋
  • 下伊那郡阿智村 バイク屋
  • 下伊那郡平谷村 バイク屋
  • 下伊那郡根羽村 バイク屋
  • 下伊那郡下條村 バイク屋
  • 下伊那郡売木村 バイク屋
  • 下伊那郡天龍村 バイク屋
  • 下伊那郡泰阜村 バイク屋
  • 下伊那郡喬木村 バイク屋
  • 下伊那郡豊丘村 バイク屋
  • 下伊那郡大鹿村 バイク屋
  • Leave a Reply