ピア・レビュー(仲間による審査)

科学の世界には「欺瞞に対する自己規制機構」があります。ピア・レビュー(仲間による審査)、論文の審査制度、追試制度です。特に最後の追試制度は最も強力な規制になっているはずですが、それをかいくぐる人はいます。1981年の「キナーゼ・カスケード説」がその好例です。マーク・スペクターが“成功”した酵素の精製は、誰にも追試ができず、それは「スペクターが実験巧者だから」と説明されました。しかし……
 そうそう、ひっそりと野口英世も登場します。あまりきつい扱いではありませんが。
 「後光効果(有名な師匠の弟子の業績は、過剰に扱われやすい」「補助金獲得や昇進のためのプレッシャー」「名誉欲」「理論の正しさに対する過剰な思い込み」「自己欺瞞や盲信」「えせ科学者」……さまざまな「欺瞞」が科学において働かれてきました。
 「科学」は本来「論理で構築されたもの」です。しかしそれが「人間の営為」として構築されるとき、どうしても「人間的なもの」が混じり込んでしまうようです。ただ、「人間的なものが混じること」を全否定するのではなくて、「そういったものが混じっていること」を“大前提”として「科学」を見れば良いのではないか、と私は楽観的に思っています。だって、いくら上手に論文を捏造したって、結局“その先”に「新しい世界」は展開できず最後には「この先袋小路」という標識の代わりになるだけでしょうから。ちょっと楽観的すぎるかな?

  • 新島村 バイク屋
  • 神津島村 バイク屋
  • 三宅村 バイク屋
  • 御蔵島村 バイク屋
  • 八丈町 バイク屋
  • 青ヶ島村 バイク屋
  • 小笠原村 バイク屋
  • 横浜市 バイク屋
  • 川崎市 バイク屋
  • 相模原市 バイク屋
  • 横須賀市 バイク屋
  • 平塚市 バイク屋
  • 鎌倉市 バイク屋
  • 藤沢市 バイク屋
  • 小田原市 バイク屋
  • Leave a Reply