世界中の協力

クライマーの速度は時速200kmが想定されています。かつての新幹線の速度並みで「エレベーター」としては超高速ですが、それでも静止軌道上の「駅」まで地表からは1週間かかります。長旅ですね。
 問題点は多々あります。たとえばケーブルの素材。10万kmの長さのカーボンナノチューブはまだ完成していません。静止軌道からケーブルを降ろしてきても地表でその先端をどうやってキャッチするかも未解決です(『楽園の泉』でもその危険性が指摘されていました。『星ぼしに架ける橋』ではずいぶん荒っぽく“解決”していましたが)。隕石やデブリの衝突も予防する必要がありますし、テロ対策も重要です。途中でケーブルが切断されたら、(重心が静止軌道より上にありますから)切断点より上は落ちては来ませんが、下のケーブルは地表をのたうち回って大惨事を引き起こします。つまり、宇宙エレベーターが成立するためには、技術的なブレークスルーと同時に、「世界平和」が必要なのです。そもそも世界中の協力がなければその建設は無理ですしね。なかなか示唆深い指摘でした。

  • 山形市 バイク屋
  • 米沢市 バイク屋
  • 鶴岡市 バイク屋
  • 酒田市 バイク屋
  • 新庄市 バイク屋
  • 寒河江市 バイク屋
  • 上山市 バイク屋
  • 村山市 バイク屋
  • 長井市 バイク屋
  • 天童市 バイク屋
  • 東根市 バイク屋
  • 尾花沢市 バイク屋
  • 南陽市 バイク屋
  • Leave a Reply